ブッチ ドッグフード 給餌量

ドッグフード「ブッチ」の給餌量について

 

愛犬の健康と安全にこだわった高品質ドッグフード「ブッチ」

 

「ブッチ」は農産物の審査基準が世界一厳しいといわれる、ニュージーランド産の原料で作られた、生肉に近い水分量を含んだミートフードです。

 

自然本来の栄養素がバランス良く配合され、アレルギーの元になりやすい糖類・小麦粉・グルテン・イースト・人工調味料・香料などを使わず、安全な無添加にこだわっています。

 

ただし、形状が太いソーセージ型になっているため、一般のドライフードと違って適量を切り分ける必要があります。

 

とは言われても「実際に適量ってどんだけなの?」って気になりますよね? 

 

1回の給餌量によって金額も左右されたりもしますし。 

 

今回はそんな疑問に答えるべく、愛犬の体重別に「ブッチ」が推奨している、適切な給餌量についてご紹介しますので、よろしければご参考になさってください。

 

ドッグフード「ブッチ」の給餌量

 

「ブッチ」は、愛犬の健康と安全にこだわっているだけでなく、偏食の愛犬でも食いつきがよく、味の良さでも評判が高いドッグフードです。

 

そのため、愛犬が欲しがるだけ与えてしまうと、食べ過ぎて体重が増えすぎてしまうこともあるので、愛犬に適した給餌量を与えることが大切です。

 

ブッチの『体重別給餌量』がこちら

 

ブッチの給餌量(800g)

 

トイ(2kg)

与える長さ・・・3.6cm(162kcal)
消費日数・・・・5.9日

 

小型犬 ( 5kg)

与える長さ・・・7cm(315kcal)
消費日数・・・・3日

 

中型犬 (10kg)

与える長さ・・・12cm(540kcal)
消費日数・・・・1.8日

 

大型犬 (20kg)

与える長さ・・・21cm(900kcal)
消費日数・・・・1.1日

 

ブッチは切り分けがしやすいように、800gのパッケージには100g印が付いているので、初めての方でも簡単にカットすることができます(^^

 

また冷凍保存をすれば最大で6ヶ月程ほど日持ちさせることができるので、小分けして保存すると便利に利用できます。

 

▼▼▼愛犬の健康と安全にこだわったドッグフード「ブッチ」の詳細を公式サイトで見てみる▼▼▼

 

「ブッチ」を購入した人の口コミ

 

 

30代 女性

 

若いころはどんなご飯でも一瞬で完食していましたが、年を重ねて完食するまですごく時間がかかるようになりました。

 

視力も嗅覚も弱くなり食欲もなくなってしまっていたのですが、ブッチを与えてみたらすごい勢いで食べてくれました。

 

ブッチを与えている間は毎回の食事を楽しみにしてくれるようになったので、飼い主としてはそんな姿を見るのはすごくうれしかったです。


 

 

40代 女性

 

愛犬が全くカリカリのドッグフードは食べてくれなくて、毎日手作りのご飯を作っていましたが、忙しくて作れない日は困っていたんです。

 

ブッチの犬用・特別トライアルセットを見つけてダメ元で試してみたのですが、3種類のどのブッチも食べてくれました。

 

うちの子はブラックが気に入ったみたいなので、ブラックを定期購入することにしました。

 

手作りごはんもいいですが、忙しくて作れない時もあるので、ブッチを食べてくれて助かります。


 

 

20代 女性

 

現在、歯が一本しかない愛犬でも、ブッチはムチムチとした食感と味を感じることができ、ごはんを楽しんでもらえていると感じています。

 

香りがソーセージのようでドッグフード臭さがなく、食べた後の口もさわやかなので、顔をなめられるのにも抵抗がありません。

 

なるべくアレルゲンの少ない食事をさせたいので、グルテンフリーのブッチは最適だと感じています。

 

これまでいろいろあげてきたフードの中でダントツに食いつきがよく、食事を楽しみにしていることが伝わります。ブッチを切ったり潰したり愛犬のためにできることが飼い主として嬉しいです。


 

 

50代 女性

 

すごく良い子なんだけど、とにかく食べ物には苦労しました。

 

アレルギーが出ることもあったから、ドッグフードはかなり研究していろいろ食べさせました。

 

その結果『ブッチ』に行き着いたんだけど、これがすごかった!ガラッと様子が変わったもんだから食べ物だけでこんなに違うのかと驚きました。

 

相性ばっちりのフードが見つかって、心底嬉しかったです。

 

うちの子がもう食べ物で苦しまずにすむなんて、家族の病気が治ったときと同じように安心したよ。



皆さん、愛犬がおいしそうに「ブッチ」を食べる姿を見て、本当に嬉しそうですね。「ブッチ」は固いドライフードと違って水分を多く含んでいるため、噛みやすいのが特徴です。

 

まだ小さな子犬や、歯の弱った老犬に与える場合でも、スプーンなどでつぶしやすく、細かくカットしやすいのもメリットです。

 

口コミの中には、「一般のドッグフードと比べると少しコストがかかってしまうので、毎日与えるのは経済的に難しい」という意見がありました。

 

「ブッチ」はトッピングとしても利用できるので、毎日の食事として全量を「ブッチ」にするのではなく、いつものドッグフードに「ブッチ」を混ぜて与えるのもいいかもしれませんね。

 

ドッグフード「ブッチ」の味は3種類。どの味が愛犬に合うかは、実際に食べさせてみるのが一番です。

 

ブッチドッグフードのお買い得情報

 

公式サイトでは初めての方限定で、3種類のセット4,374円が3,000円(送料込)でお試しセットが購入できます。

 

ブッチが初めての方は一度試してみてはいかがでしょうか(^^

 

 

⇒初回限定お試しセット「ブッチ」を公式サイトで詳しくチェックする

更新履歴